qspds996

揺動メディアについて。場所と風景と映画について。

トポフィル新刊『人間から遠く離れて──ザック・スナイダーと21世紀映画の旅』

 

トポフィル5冊目の書籍が刊行されます。『300〈スリーハンドレッド〉』『ウォッチメン』『エンジェル ウォーズ』『バットマンvsスーパーマン』など、数多くの問題作を世に送り出してきた異形の映画監督、ザック・スナイダーを中心に据えた、21世紀ハリウッド映画論です。

わたしの知る限り、ザック・スナイダーの仕事を総合的に追い、論じた作家評論本はこれが世界初。アメコミ・ヒーロー映画の観点のみならず、宗教映画やデジタルシネマの観点からもスナイダーの特異性を掘り下げ、その作家像の刷新を図っています。

刊行予定は8月1日、どうぞお楽しみに。

 

f:id:sasakiyusuke:20170704143458p:plain

書誌情報

書名:人間から遠く離れて──ザック・スナイダーと21世紀映画の旅

著者:佐々木友輔、noirse

発行日:2017年8月1日

造本:小田原のどか

発行:トポフィル

判型:四六判、ハードカバー(384頁)

定価:2,300円+税

 

目次

  • はじめに──旅の手引き(noirse)

第Ⅰ部 ザック・スナイダー

1 聖なる映画作家
2 機械仕掛けの生
  • 速度の映画について──マン・オブ・スティールに触れる(佐々木友輔)
  • ゲームの国のアリス――ゲーム映画試論、または『エンジェル ウォーズ』論(noirse)
3 ザック・スナイダー作品解説

第Ⅱ部 二一世紀ハリウッド映画論

4 異世界旅行の先導者たち
  • 復路の旅──現代映画のための物語(佐々木友輔)
  • ポリフォニック・シネマの方へ(noirse)

  

  • 終わりに──マルチブートの生存学(佐々木友輔)

 

 

本書で論じる主な作品

X-MEN:アポカリプス』(ブライアン・シンガー、2016年)
君の名は。』(新海誠、2016年)
ゴーストバスターズ』(ポール・フェイグ、2016年)
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(ルッソ兄弟、2016年)
『10クローバーフィールド・レーン』(ダン・トラクテンバーグ、2016年)
ドクター・ストレンジ』(スコット・デリクソン、2016年)
ハドソン川の奇跡』(クリント・イーストウッド、2016年)
『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影「シャドウズ」』(デイブ・グリーン、2016年)
ラ・ラ・ランド』(デイミアン・チャゼル、2016年)
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(ジョス・ウェドン、2015年)
エクス・マキナ』(アレックス・ガーランド、2015年)
X-MEN:フューチャー&パスト』(ブライアン・シンガー、2014年)
オール・ユー・ニード・イズ・キル』(ダグ・リーマン、2015年)
オブリビオン』(ジョセフ・コシンスキー、2014年)
トランスフォーマー/ロストエイジ』(マイケル・ベイ、2014年)
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、2014年)
『ブラック・ハッカー』(ナチョ・ビガロンド、2014年)
アフター・アース』(M・ナイト・シャマラン、2013年)
her/世界でひとつの彼女』(スパイク・ジョーンズ、2013年)
アベンジャーズ』(ジョス・ウェドン、2012年)
リヴァイアサン』(ルーシァン・キャステーヌ=テイラー、ヴェレナ・パラヴェル、2012年)
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(マイケル・ベイ、2011年)
ミッション:8ミニッツ』(ダンカン・ジョーンズ、2011年)
『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』(ジョー・カーナハン、2010年)
アバター』(ジェームズ・キャメロン、2009年)
G.I.ジョー』(スティーヴン・ソマーズ、2009年)
『アイアンマン』(ジョン・ファヴロー、2008年)
ダークナイト』(クリストファー・ノーラン、2008年)
トランスフォーマー』(マイケル・ベイ、2007年)
『デジャヴ』(トニー・スコット、2006年)
レディ・イン・ザ・ウォーター』(M・ナイト・シャマラン、2006年)
『エレファント』(ガス・ヴァン・サント、2003年)
タイタニック』(ジェームズ・キャメロン、1997年)
『エンド・オブ・バイオレンス』(ヴィム・ヴェンダース、1997年)
ロスト・ハイウェイ』(デヴィッド・リンチ、1997年)