qspds996

揺動メディアについて。場所と風景と映画について。

郊外論

佐藤洋一+佐々木友輔「場所の経験を記録する──映画と都市のイメージ」

10+1のウェブサイトに、佐藤洋一さんとの対談が掲載されました。この夏に予定している3度目の沖縄撮影に向けて、これまでの制作活動を見つめ直すとても良い機会になりました。佐藤さんの著作『地図物語シリーズ』や『米軍が見た東京1945秋──終わりの風景、は…

上映&トーク「風景/映画再考」

10月15日(土)に原將人氏とMAORI氏、10月16日(日)に比嘉賢多氏を鳥取にお招きして、SAKAE401で上映&トークイベント「風景/映画再考」をおこないます。 映画は「かつてあった」場所を記憶し、「来るべき」風景を映し出す。 日本と映画の起源をめぐる旅を…

郊外映画の風景論 #6/船をめぐる揺動メディア論

ウェブ上に二つの論考が掲載されました。 <a href="http://webneo.org/archives/24307" data-mce-href="http://webneo.org/archives/24307">【ゲスト連載】Camera-Eye Myth/郊外映画の風景論 #06「Neighbors(2) / Nightmare/悪所と復…

Camera-Eye Myth / 郊外映画の風景論 #05

Camera-Eye Myth Episode.5 Neighbors(1 ... 【ゲスト連載】Camera-Eye Myth/郊外映画の風景論 #05「Neighbors(1) / Daydream/そこそこ楽しい故郷に生きる」 image/text 佐々木友輔 | neoneo web|ドキュメンタリーカルチャーの越境空間 ブログでの告知が遅…

郊外映画の風景論 #4 と「伊藤剛さんによる「ファスト風土」を描かない漫画」議論について

Camera-Eye Myth/郊外映画の風景論 #04 Mothers(1)/Isotopia/イゾトピックな白壁の裏 http://webneo.org/archives/22812 以下、Twitterより(一部改変)。 この連載、映画に郊外論という外部(とみなされがちなもの)を持ち込んでいるため、所謂「素朴な社…