qspds996

揺動メディアについて。場所と風景と映画について。

お知らせ

にんげん研究大発表会2017

鳥取県湯梨浜町の滞在複合スペース「たみ」を拠点として活動している、にんげん研究会(通称にんけん)の発表会があります。わたしは8月5日(土)15:45からの2ndセッション「メディア/市民/制度」に参加します。登壇者はアートマネジメントを専門とする五…

トポフィル新刊『人間から遠く離れて──ザック・スナイダーと21世紀映画の旅』

トポフィル5冊目の書籍が刊行されます。『300〈スリーハンドレッド〉』『ウォッチメン』『エンジェル ウォーズ』『バットマンvsスーパーマン』など、数多くの問題作を世に送り出してきた異形の映画監督、ザック・スナイダーを中心に据えた、21世紀ハリ…

八王子Short Film映画祭セレクション上映(異類婚のエスノグラフィー)

八王子Short Film映画祭のセレクション上映が、ニュー八王子シネマのイベント最終日に開催されます。昨年、同映画祭で審査委員特別賞をいただいた『異類婚のエスノグラフィー』(佐々木は脚本を担当)の上映もありますので、近くにお住いの方はぜひご覧くだ…

生きるためのダンス

2017年3月16日(木)から31日(金)まで、JR東日本が運行する「生きる支援トレイン」で、私が撮影・編集した動画が流れています。振り付け・ダンスはハラサオリさん。 NHK×JR東日本生きる支援キャンペーン 「生きる支援トレイン」 2017年3月16日(木)~31日…

shifter uprising

映像作家のワタナベカズキさんとudocogさん、そして私の3人で2015年に結成した映像制作ユニット「shifter」の初上映イベントを行ないます。shifterとして制作した全作品に加えて、2015年の拙作『And the Hollow Ship Sails On』の圧縮・編集バージョン(flic…

ウェブサイトの更新とステイトメント

久々にウェブサイトを更新しました。 qspds996 | 佐々木友輔|Sasaki Yusuke|Web Page これまでずっと「自分は一体何者で、何がしたいのか」を簡潔に説明する言葉を持てずに困っていたのですが、今回、新たに「ステイトメント」のページを設けてみました。…

12月11日(日)佐々木友輔 新作上映『TRAILer』

映画制作を通じて人間の生きる場所と風景の問題に取り組む映像作家・佐々木友輔による新作上映。沖縄を舞台として、映像とテキスト、声と音楽が多層的な場所のイメージを形成する。 上映後は、朗読を担当した詩人のカニエ・ナハ氏、朗読脚本を執筆した美術批…

12月4日『異類婚のエスノグラフィー』上映(八王子Short Film映画祭)

ワタナベカズキ監督作品『異類婚のエスノグラフィー』の脚本を書きました。撮影監督のudocorgさんと3人で組んだ映像制作ユニット「シフター」の最新作。音楽はDJまほうつかい(西島大介)さんです。12月4日(土)、八王子映画祭にて初公開。ぜひぜひご覧くだ…

上映&トーク「風景/映画再考」

10月15日(土)に原將人氏とMAORI氏、10月16日(日)に比嘉賢多氏を鳥取にお招きして、SAKAE401で上映&トークイベント「風景/映画再考」をおこないます。 映画は「かつてあった」場所を記憶し、「来るべき」風景を映し出す。 日本と映画の起源をめぐる旅を…

にんげん研究会2016 第3回「土屋誠一に聞きたい!100のこと」

8月25日(木)に鳥取の「たみ」にて、にんげん研究会の第3回「土屋誠一に聞きたい!100のこと」が開催されます。近辺にお住いの方はぜひお越しください。 トーク「土屋誠一に聞きたい!100のこと」 ゲスト:土屋誠一氏(沖縄県立芸術大学准教授)聞き手:田中…

にんげん研究会2016 第1回「地域と映画」

すでに終了したイベントですが備忘録として。6月に鳥取大学の学生が中心となって活動している「にんげん研究会」で自作について話しました。高校時代に制作した『手紙』(2002年)への質問があってドギマギしつつも、これまでの活動を振り返る良い機会になり…

はるこん (HAL-CON)2016

「はるこん (HAL-CON)2016」にて、2015年に制作した『落ちた影/Drop Shadow』と『And the Hollow Ship Sails On』の上映とトークを行います。 会場:静岡県総合コンベンション施設 プラサ ヴェルデ会期:2016年4月16日(土)14:30より上映開始(開始時間が…

disPLACEment「場所」の置換vol.3 佐々木友輔 New Film(TRAILer)

新作映画の「紙上予告編」となる小冊子を作成しました。同作は、土屋誠一氏の企画による「disPLACEment――「場所」の置換vol.3」の一環として構想されたもので、昨年12月の上映会と併せて沖縄で撮影をおこない、現在は編集作業を進めているところです。 郵送…

映画批評のハイブリッド化――「完全映画」が現れてくるかもしれないという夢想は可能だ

「図書新聞」の最新号に、昨年参加したトークイベントの採録が掲載されています。近年の映画を巡る状況について、率直に語っています。 図書新聞 No.3239 2016年01月23日映画批評のハイブリッド化――「完全映画」が現れてくるかもしれないという夢想は可能だ…

佐々木友輔監督作品『新景カサネガフチ』『落ちた影/Drop Shadow』上映会&トーク

筒井宏樹さんにお招きいただき、初めて鳥取で上映をおこなうことになりました。最新作『落ちた影/Drop Shadow』と、2010年に制作して以来各地で上映を続けている『新景カサネガフチ』の2本。なかなか面白い組み合わせではないかと思います。鳥取周辺にお住…

わたしが彼女を見た瞬間、彼女はわたしを見た

「わたしが彼女を見た瞬間、彼女はわたしを見た」最終日のアーティスト・トークにゲストとして参加します。 展覧会「わたしが彼女を見た瞬間、彼女はわたしを見た」出品作家|青柳菜摘とだつお、金川晋吾、門眞妙会期|2015年12月11日(金)~26日(土)時間…

disPLACEment――「場所」の置換vol.3(映画『土瀝青 asphalt』上映)

12月12日(土)、はじめて沖縄で自作を上映することになりました。土屋誠一氏企画による「disPLACEment」(vol.1/vol.2)シリーズの第3弾として、『土瀝青 asphalt』を上映し、終了後には土屋氏と私のトークがあります。沖縄在住の方、お近くにお住まいの方…

11月の上映&イベント

11月の予定をまとめました。 【1】三代川達 第10回上映会 base ten number system 11月7日(土)、8日(日)15:30、19:0011月9日(月)〜11月13日(金)21:00料金前売¥900 / 当日¥1,500(共に1ドリンク¥500別)会場 UPLINK FACTORY(1F),ROOM(2F) 詳細…

いま、個人映画を観るということ(三)いまこそ飯村隆彦を読/見直す

11月23日(月・祝)の文学フリマで頒布される同人誌『ビンダーVol.3』(特集「ゴダール&gdgd妖精s」)に参加しています。ブースはキ-05〜06。私は連載「いま、個人映画を観るということ」の第3回「いまこそ飯村隆彦を読/見直す」を書きました。 飯村隆彦と…

チェーンブレイカー

私が脚本を担当した映画『チェーンブレイカー』(ワタナベカズキ監督)の上映が11月におこなわれます。自作以外の脚本を書いたのは初めて。どんな作品になっているのか、今から楽しみです。 三代川達 第10回上映会 base ten number system 11月7日(土)、8…

佐々木友輔 新作上映[Epoch]

22日(日)の回は定員に達しましたため、受付を終了させていただきました。 当日券扱いにて、作品をご覧いただくことは可能ですが、ご予約の方を優先でお通ししますので、少々見づらい(3D効果が得づらい)座席になってしまうかもしれないことをご了承くださ…

「動画の時代」の「映画批評」はいかに可能か——「ポストメディウム的状況」を考える

限界研の新刊 『ビジュアル・コミュニケーション』の刊行記念トークイベントに参加します。 11月17日(火)19:30〜、ジュンク堂池袋店にて開催です。 ビジュアル・コミュニケーション――動画時代の文化批評 作者: 限界研,飯田一史,海老原豊,佐々木友輔,竹本竜…

なぜ「私」が撮るのか 髙橋耕平作品《HARADA-san》上映&トーク

「なぜ「私」が撮るのか」 髙橋耕平作品《HARADA-san》上映&トークに参加します。初引込線です。 hikikomisen.com なぜ「私」が撮るのか 初老のアートウォッチャーを題材にしたドキュメンタリー映像と年表からなる、髙橋耕平の作品《HARADA-san》を上映。 …

udocorg 個展「れいより40℃も高熱」

udocorg(鵜戸庚司)個展「れいより40℃も高熱」 2015.6.6 (sat) – 6.14 (sun) @TAV GALLERY http://tavgallery.com/udocorg/ udocorgさんの個展に寄せて、短いテキストを書きました。 上記ウェブサイトにも掲載していただいています。 DID / udocorgについて…

5月17日「あなたはいま、まさに、ここにいる」トークセッション

あなたはいま、まさに、ここにいるwww.3331.jp あなたはいま、まさに、ここにいる[トークセッション] 日時|2015年4月24日(金)- 6月1日(月)※火曜日は休館 2015年5月17日(日)(トークセッション)時間|12:00-19:00(金・土は20:00まで)会場|3331Ar…

ビンダーVol.2《特集|トランスフォーマー》

5月4日の文学フリマで発売される批評誌『ビンダーVol.2《特集|トランスフォーマー》』(目次)に参加しています。 わたしはマイケル・ベイ版トランスフォーマー・シリーズへの愛を込めた「トランスフォーマー追悼」と、「いま、個人映画を観るということ」…

門眞妙さんの絵画についての短いテキスト

門眞妙さんの絵画についての短いテキストを書きました。 このテキストは中国語に翻訳され、今月台北でおこなわれるアートフェア「Young Art Taipei」で、門眞さんの作家紹介のようなかたちで公開されるそうです。 門眞さんの出品作品は、4月3日(金)から新…

第7回恵比寿映像祭 惑星で会いましょう

<a href="http://www.yebizo.com/" data-mce-href="http://www.yebizo.com/">【第7回恵比寿映像祭】惑星で会いましょう</a> 恵比寿映像祭 第7回恵比寿映像祭 惑星で会いましょう[展覧会] 日時|2015年2月27日(金)-3月8日(日) 2015年2月28…

原將人監督『あなたにゐてほしい』について

あなたにゐてほしい予告編【8フィルム編】劇場公開版 - YouTube 風景映画『初国知所之天皇』や『20世紀ノスタルジア』で知られる原將人監督による新作『あなたにゐてほしい』の公開が始まっている(ポレポレ東中野にて、2015年1月31日~2月13日まで)。筆者…

PARENTAL ADVISORY EXPLICIT COMMUNICATION

PARENTAL ADVISORY EXPLICIT COMMUNICATION on Vimeo MUSE:金子りえ、黒宮れい朗読:金子りえスタイリング:東佳苗(縷縷夢兎)音:Idiot Popテキスト:sasaki yusukeDID(udocorg x watanabe kazuki)DID:didouga.net/ 明けましておめでとうございます。 昨…

Camera-Eye Myth/郊外映画の風景論 #10[最終回]

Camera-Eye Myth Episode.10 Readers / Cinema ... <a href="http://webneo.org/archives/28299 " data-mce-href="http://webneo.org/archives/28299 ">【ゲスト連載】Camera-Eye Myth/郊外映画の風景論 #10[最終回]「Readers / Cinema/ドキュメンタリー」 image/text 佐々木友輔 | neoneo web</a> 【ゲスト連載】Camera-Eye Myth/郊外映画の風景論 #10[最終…

11月22日『土瀝青』書籍刊行&記念上映・トークイベント

土瀝青 場所が揺らす映画 作者: 石川初,鈴木並木,今和泉隆行,永瀬恭一,南後由和,萩野亮,渡邉大輔,渡邉英徳,佐々木友輔,木村裕之,トポフィル 出版社/メーカー: トポフィル 発売日: 2014/11/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) …

10月〜11月のイベント・スケジュール

予定が急に入ったり、早まったり、遅れたり、といった色々な偶然が重なって、10月から11月にかけて怒濤のイベント・ラッシュとなりました。個別にもお知らせしますが、ひとまず以下にイベント概要をまとめておきます。気になるものがあればぜひご参加くださ…

Camera-Eye Myth/郊外映画の風景論 #08

告知が遅れてしまいましたが、Camera-Eye Myth/郊外映画の風景論 #08 「Brothers(1) / Reset/地域映画の発見」が更新されています。 今回はアーティストの門眞妙さんとのコラボレーション。neoneoの掲載ページ下部には提供してもらった原画(の画像)も掲載…

反戦――来るべき戦争に抗うために

土屋誠一氏の呼びかけによる展覧会「反戦――来るべき戦争に抗うために」展に参加します。展覧会呼びかけ文はこちら。会期は9月25日からです。 「反戦 来るべき戦争に抗うために」展 会期|2014年9月25日(木)-9月29日(月) 会場|SNOW Contemporary Oshina …

異日常Vol.1 『夢ばかり、眠りはない』『新景カサネガフチ』上映会

高円寺グリーンアップルにて、2010年に制作した長編、『夢ばかり、眠りはない』と『新景カサネガフチ』の小さな上映会があります。滅多にない過去作上映の機会なので、ご興味ある方はぜひお越しください。上映前には、再び映画ツイッタラー @noirse さんと永…

郊外映画の風景論 #6/船をめぐる揺動メディア論

ウェブ上に二つの論考が掲載されました。 &amp;amp;lt;a href="http://webneo.org/archives/24307" data-mce-href="http://webneo.org/archives/24307"&amp;amp;gt;【ゲスト連載】Camera-Eye Myth/郊外映画の風景論 #06「Neighbors(2) / Nightmare/悪所と復…

Camera-Eye Myth / 郊外映画の風景論 #05

Camera-Eye Myth Episode.5 Neighbors(1 ... 【ゲスト連載】Camera-Eye Myth/郊外映画の風景論 #05「Neighbors(1) / Daydream/そこそこ楽しい故郷に生きる」 image/text 佐々木友輔 | neoneo web|ドキュメンタリーカルチャーの越境空間 ブログでの告知が遅…

〈風景映画〉から〈場所映画〉へ

2014年11月に、トポフィルより『土瀝青——場所が揺らす映画』の刊行が決まりました。以下の論考「〈風景映画〉から〈場所映画〉へ」も同書に掲載していますが、刊行後もこちらのブログ記事はそのまま残しておく予定です。書籍の「試し読み」として、ご覧くだ…

二種類の幽霊、二種類の霊媒——揺動メディアとしての映画論

批評誌「ART CRITIQUE n. 04 メディウムのプロスティテューション」に、拙稿を掲載していただきました。2014年5月初旬発売予定とのことです。 このブログで断片的に書いてきた「揺動メディア論」の実践、といった内容です。固定カメラ(およびその応用である…

Camera-Eye Myth/郊外映画の風景論

neoneo web|Camera-Eye Myth / 郊外映画の風景論 第1回 neoneo web|Camera-Eye Myth / 郊外映画の風景論 第2回 ドキュメンタリーを中心としたカルチャー情報・批評を発信する「neoneo web」で、短編動画と論考をセットにした連載を始めることになりました…

フェイクドキュメンタリーとして『ホビット』を観る

先月の「速度の映画について」に引き続き、Book Newsにハリウッド映画論第三弾となる「フェイクドキュメンタリーとして『ホビット』を観る」を掲載していただきました。タイトルは少々挑戦的ですが、その割には意外と?地に足をつけた内容になっているのでは…

映画批評MIRAGE 6号

映画批評誌「MIRAGE」6号に、インタビューと拙論「生まれたときから揺れていた ― 揺動映画への招待」を掲載していただきました。映画研究者の村山匡一郎氏と名前を並べていただいて光栄ですというか恐縮ですというか……なのですが、ともかく、ぜひ手にとって…

速度の映画について

Book News というサイトに拙稿「速度の映画について」を掲載していただきました。近年のハリウッド映画に見られる「過剰な速度」をどのように受け止めるべきかについて、自分の考えをまとめています。ご笑覧いただければ幸いです。 「視覚もまた肉体を持って…